DSC_2288_サイズ変更
晴れ予報の北アルプス、入門編の燕岳へ奥様と1泊にて。

DSC_2244_サイズ変更
前日夜自宅出発、第1駐車場に止め仮眠2時間ほど、朝4時起きで中房温泉を6時スタート。


DSC_2247_サイズ変更
DSC_2253_サイズ変更
7:19 合戦小屋


DSC_2258_サイズ変更
雲海がキレイで上部での更なる絶景を期待。


DSC_2265_サイズ変更
燕山荘が見えてきた。


DSC_2271_サイズ変更
7:57 燕山荘のゆるキャラ?久しぶりです。


DSC_2269_サイズ変更
槍をバックに記念撮影。
標準CT4時間10分を2時間弱で走らず到着。


DSC_2277_サイズ変更
小屋に荷物を置かしてもらい、雲一つない超快晴の表銀座を槍ヶ岳へ向かって進む。
北アルプスでこれ以上無いような快適ルート。

DSC_2279
風は強くレインを被ってゆるラン。
やはりコマクサは見れず残念。


DSC_2293
本当にたまらないルート。
ずっと槍様が見える、そして手前が大天井岳。



DSC_2302_サイズ変更
9:50 大天井岳到着、燕山荘から丁度1時間半。
ザックも軽くなり景色も良く足取りも軽い。

こんな日に連れてくることが出来て良かった!


DSC_2307_サイズ変更
大天荘のカレーは名物のようでかなり、かなり旨かった!!

おススメ!

DSC_2309_サイズ変更
ピストンするつもりが牛首展望台まで足を伸ばすことに。


DSC_2313_サイズ変更
大天井ヒュッテで「そっちは槍ヶ岳方面じゃありませんよ」と言われたが、
「展望台へ行きます!」と挨拶。

途中5泊くらいで槍ヶ岳を目指している60代ご夫婦とお会いしたが、
人生やはり健康第一だ。
羨ましい。

私もアラフィフ世代になって健康をより意識するようになった。




DSC_2327_サイズ変更
景色がヤバい!!

北鎌尾根を俯瞰出来る牛首展望台ヤバい!

2年前の1DAY北鎌アタック記事。
あの見えている尾根を登って行ったことを思うと感慨深かった。

そしてここは地図記載の通り360度の展望で素晴らしかった。


DSC_2340_サイズ変更
DSC_2315
これは高瀬ダムになるのだろうか、そして奥に見えるのは立山?



DSC_2359_サイズ変更
これ以上無い景色を堪能し、大天井岳を周回して燕山荘へ戻るルート。




DSC_2367_サイズ変更
切通し岩?
奥様もご機嫌です。



DSC_2378_サイズ変更
小屋に戻ってからは、燕岳定番のイルカさんへ。



DSC_2383_サイズ変更
めがね岩。



DSC_2394_サイズ変更
燕岳山頂。
15時前の写真であるが、この時間までこのように青空が広がっているのは珍しいらしい。


DSC_2398_サイズ変更
山荘に戻って更に至福の時間を過ごす。
旨すぎて2杯目を注文、夫婦水入らず。




DSC_2400_サイズ変更
DSC_2402_サイズ変更
山小屋人気ナンバー1だけあって随所に良さが見られ、オーナーさんのおもてなしも素晴らしかった。
いろんな山の話もいろいろ聞かせて頂いて興味深かったが、山の秋は1週間しか無いらしい。



DSC_2406
食後も暇を持て余すので喫茶室で山の本を見ながら呑み直し。
ウッディーで雰囲気あって良し。



※消灯は21時だったと思う。
 しかし消灯時間を過ぎても部屋で騒ぐ若者が居てウンザリ。
 やはり行き易い人気の小屋はこんなものかもしれないが、平日だっただけマシかも。
 最大600名の収容だったを思うがお盆とか悲惨だろうな・・・と勝手に想
像。
 騒ぐときは談話室に行ってね。








DSC_2408_サイズ変更
翌朝のご飯。


DSC_2410_サイズ変更
ご来光は拝めず天気も昨日には及びそうに無いので早々に下山開始。


DSC_2413_サイズ変更
合戦尾根を下る。
東沢乗越から下っていたらサンヒルのてんちょさんチームに出会っていたと思われる、残念。


DSC_2414_サイズ変更
7:27 中房温泉到着、下りは1時間20分だった。
残念ながら温泉やっている時間ではなく、早々に退散。




DSC_2416_サイズ変更
駐車場はほぼ満車。

6年前にほぼ同じルートをテント泊で辿った事がある。
あの時とはまた違う景色を山は見せてくれたが、
奥さんを無事に連れて来る事が出来て何より良かった。

全てに感謝。