左:夕食                                   右:朝食

Sany0089 Sany0094

いよいよ最終章になりました。

雷鳥荘では8畳の個室でした。重たい荷物を下ろして、温泉に入ります[E:spa]温泉もかなりGOOD!

ホッと一息ついて夕食ですが、これがどうしてなかなかの食事です。

少々お高い700円の生ビール[E:beer]を頂戴し想像以上の晩御飯に満足でした。子供向けのメニューもありました。

Sany0099 Sany0098

Sany0101_4

洗面所のお水は立山の美味しい湧き水で、氷のように冷たいです。そんなお水で早朝5時過ぎお顔を洗って歯磨きです。

そして朝食後、最後の立山を歩くルートを確認します。今日は室堂山(2668m)[E:fuji]の展望台から立山カルデラを見ようということになりました。

天気予報は雨[E:rain]

黒部ダム方面も考えましたが、最後の立山を堪能して(ま、昨日で十分堪能したのですが)、

雨がひどくならないうちに引き上げ、日本海の幸[E:fish]を堪能するルートに相成りました。

そうと決まれば、いざ出発です。Dsc_9989

雷鳥荘で記念撮影。

室堂ターミナルから約30分ありますが、散策がてらと思えば時間と距離はそう問題にはなりません。

総合的には満足な山小屋でした。Dsc_9997_2 Dsc_9996_2 モンベルカードも使えて、900円ほどお安くして頂きました。

雷鳥荘の南西には地獄谷という場所があります。

地図にも有毒ガス発生注意の記載がありますが、写真の黄色い突起の所から煙が出ていますが有毒ガスなんでしょうか??Dsc_0014

ここは家族から行きたくないとの声が上がり断念。

時間帯により通行止めもあるのですね。Dsc_0002 Dsc_0006_2 Dsc_0039_2 Dsc_0040_2

高山植物を楽しみながら歩きます。

可憐な花が心を和ませてくれます。

Dsc_0001 山は翌日もイイ表情を見せてくれました。早朝の気温は12度くらいでしょうか。

半袖ではかなり寒いといった感じでした。Dsc_0012

憧れ?のミクリガ池で記念撮影。なかなか人が多くて自分達と山だけを枠に収めるのは難しいですが成功。

Dsc_0015

山の上半分は雲で隠れています。

ミクリガ池に映る山々も美しいです。Dsc_0020_2 Dsc_0032_2

Dsc_0017 Dsc_0018 室堂ターミナルで私と奥様の大きなザックをコインロッカーに入れ再出発。

ココからは約50分で展望台に到着する予定です。

昨日とは打って変わって、子供達は怖がらずにヒョイヒョイ登っていきます[E:upwardright]。

Sany0107 Sany0114

しかしながら室堂山の登頂直前に振り出した雨[E:rain]は、山頂で一層ひどく降ってきました。

奥様以外はレインウェアを上だけ被り、山頂での展望もそこそこに下山[E:downwardright]します。

Dsc_0047 Dsc_0038

慌てて下っていきましたが、中腹では雨も上がってきました。
子供達の為に、直前に購入したレインウェアもゴアテックスの登山靴も役立ちました[E:scissors]
素晴らしい山と景色を堪能させてくれた立山さん、さようなら。
前日の雄山(2991m)、今日の室堂山(2668m)で十分満足できました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
室堂ターミナル10時40分出発、美女平行きのバスに乗り込みます。
子連れで、帰りの車が5時間以上を考えると出発はこんなもんかな。
Dsc_0058
Dsc_0059
無事駐車場に到着。
名残り惜しみつつ、車を走らせてるとあまりにもキレイな川に心踊りパチリと撮影。Dsc_0060
高知で見た川よりも数倍キレイ・・・。ココで川遊びをしてみたい、またココに来てみたい。
う~ん、名残るなぁぁ・・・。
で、日本海の海の幸を探してナビに「回転すし」と入力。
30分ほどで到着です。
Dsc_0072 Dsc_0067 Dsc_0064

Dsc_0063_3 Dsc_0066_2

写真は少々貧弱ですが、今まで食べたすし(もちろん回転)のなかでは軍を抜いて美味しかったです[E:good]

お味噌汁は何杯飲んでも無料でした。

という訳で、最後はB級グルメ旅行に相成りましたが、

食も含めて大いなる満足の立山でした。

晴れた天気、着いてきてくれた家族、運転してくれた奥様に感謝です[E:happy01]