12日から始まったお盆休み。

子供達は前日の11日から一週間、淡路島近くの無人島で毎年恒例の冒険キャンプに出掛けている(ウラヤマシイ)。

夫婦のみで初めてのキャンプに行こうかと目論むも、天候はイマヒトツ。

とはいっても5日間家でジッとしておくのも勿体無いなぁと思い、12日夕方からキャンプ場ガイドを流し見。

ETC1000円も魅力ではあるが、流石に遠方の渋滞は必至。

近場で探すが、きっと何処のキャンプ場も激混みだろうなと考え、マイナーな場所を探す。

そして探し当てた場所がココ。

Dsc_0010

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ポチッと!




前日12日の夕方キャンプ場に電話。

「数日の豪雨で予約の殆どがキャンセルになって、もし良かったら貸切状態可能ですよ。
 天気はあまり良さそうではありませんが、キャンプ好きな方ならゆったり過ごせます。」

おお空いていて、しかも殆どキャンセル[E:up]

「但し天滝に行く道が土砂崩れのため、危険で行くことができませんよ」

えー、ソコに行きたかったのに[E:down]

その日は返事保留にして、ネットで天気予報を確認。

13日:曇りのち雨[E:cloud][E:rain]

14日:くもり[E:cloud]

うーむ、雨でもイイけど天滝に行けないのはかなり気が乗らない。

翌日の朝9時過ぎ、

私「どーする?」

妻「家に居ても何もすることないねー」


という事で、再度キャンプ場に電話。

「小雨が降っていますけれど・・・」

私「あー(マジですか[E:rain])、イイです。行きます」

30分少々でキャンプ道具一式を車に詰め込み、取り敢えず出発。

子供が居ないと気楽で荷物もホント少ない!


午前10時頃こちらの出発時点でも曇り[E:cloud]しかし、たまに晴れ間も見える。

しかし北近畿方面へ向かうにつれて、厚い雲が空を覆う。



ビール以外の食事は何も詰めていないので、昼食は道の駅「但馬のまほろば」で。

Dsc_4886Dsc_4888Dsc_4892

美味しかったです。









途中9号線でのちょっとした渋滞はありましたが、順調にキャンプ場へ到着。

●天滝公園キャンプ場●

 兵庫県養父市大屋町にあります。

Dsc_4901

キャンプ場ガイドに有った説明文。

『天滝散策の拠点に最適!元々は棚田であった場所を利用したサイトは1つ1つが独立し比較的広い。
森林浴をしながらの滝巡りが人気』

う~ん、我が家ともう一つのテント以外は見当たらない。

曇り空では有るけれど、当たりキャンプ場の予感。

一年間で最も混雑が予想されるキャンプ場だが、大いにゆったり場所を使わせて頂いた。


Dsc_0822_2Dsc_0827_2Dsc_0834_2Dsc_4911_2


子供の居ない夫婦だけのゆったりとした時間を過ごします。

若鳥、ずり、トウモロコシ、にんにく、しいたけ、、、簡素にBBQ。

夜10時前には就寝。

テントが広い[E:sleepy]








朝食は青木湖から導入した超熟イングリッシュマフィン

レシピはこちら。

超お勧めなので、ご賞味ください。

我が家はマフィンの両面を軽く焼いて中にバター、目玉焼き・ハム・レタスをはさんで頂きます。

コーヒーもウマーです。

Dsc_0847Dsc_0848

しっかり腹ごしらえも完了。

通行止めとは聞いていたが、一応準備をして車で天滝駐車場まで行くことにする。









途中土砂崩れのあったと思われる場所も数箇所、しかしきれいに後処理されている感じで、

あっという間に駐車場到着。

数台の車が止めてあったので、そのまま行くことにする。

Dsc_0860Dsc_0873Dsc_0880Dsc_0885Dsc_0888Dsc_0897


川沿いを歩き、とにかくマイナスイオンがまん延している。

汗は噴出すが心地良い。

数箇所の小さな滝が顔を見せてくれる。





緑が素晴らしい。

Dsc_0918


駐車場から30分ほどかな、

ようやく天滝。

遊歩道も落石など無く。




Dsc_0926 雲は多いが空が見えた。

今日は曇りのはずなのに。

それにしても滝が白過ぎ。

Dsc_0927 落差98mは兵庫県一の名爆。

日本の滝100選にも指定されている。

滝を撮るのは難しいなぁ。

Dsc_0959














































圧巻!!



ほとばしるマイクロシャワーです。



こんな所にこんな有名な滝があるとは昨日まで知りませんでした。

またこんなに晴れるとは思わなかったし、通行止めで行けないと聞いていたのでとてもラッキーでした。



天滝には私達も含めて、5組の方がいらしていました。

カメラマンは2組。

あまりに撮っているので、奥様より催促がありました[E:sweat01]

さて、キャンプ場へ戻ろう。


Dsc_0002Dsc_0011Dsc_0004
サイトに戻ると更に天気が良くなっていました。

やはり晴れ男の効果か?!

チェックアウトも全く気にすることなく、持って来た本をのんびりコットに寝そべって読む。

そして寝る。

最高の時間です。





【キャンプ場情報】

・大人400円/日、子供200円/日(中学生まで)

・テント1050円/1張

・清掃協力金100円、ゴミ袋100円(生ゴミ捨てて帰れます)

・トイレ水洗

・シャワー有り(小さいが無料でキレイ。24時間使用可能。水圧抜群!)

・管理人の方は気さくでとてもよい感じの方でした(管理は役場のようです)

・冷蔵庫有り(冷凍は出来ません)

※急激な雨天時には管理棟に泊まってもいいと云われました。これは心強い。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------






昼食も終え存分に寛ぎ、キャンプ場を後にしました。

大屋川が流れています。

昨日よりもキレイでしたので、ちょっと足を止めて。

Dsc_0017Dsc_0014Dsc_0016

魚がたくさん泳いでおりました。

心和みますね。









さて更に心和むところへ行きました。

木彫展示館です。

キャンプ場から車で5分ほどのところ。

Dsc_0049Dsc_0020




















いい田舎の雰囲気の建物。


中に入ると和室がいくつも続いていました。




Dsc_0048



そこにあったのは、、、



















Dsc_0022Dsc_0026Dsc_0028Dsc_0029Dsc_0036Dsc_0035Dsc_0038Dsc_0042Dsc_0044



全て木彫りの作品。

まぁなんと云いましょうか、

とても温かみがあります。

人間の本来の温かさを木で表現したような感じがしました。





とても表情が豊かです。




Dsc_0030Dsc_0031Dsc_0039


1.身長を測る女の子。テーマは「ハイ、気をつけ」。ほっぺたの丸みが愛らしい。

2.ムギワラ帽子をかぶった少年。テーマは「あ・・にげちゃった」。

3.田舎のおばちゃん。














人柄がにじみ出ています。


Dsc_0040 木は素晴らしいなぁ・・・。

大人200円、子供100円(兵庫県在住でココロンカード持参なら無料)



近くに行かれる際は是非お立ち寄り下さい。

その後もいくつかの施設を立ち寄り帰りました。






なかなか充実した2日間。

新婚のときはこんな休日だったかな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ポチッと!!