P1040867_樹林帯を抜けた一行は8合目の女人堂を目指します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
強風に視界不良。最後の滑りは如何に?!

P1040871__2 先頭を進むhiroさん。

GENTEM STICKの板はカッコええなぁ~。


P1040872_進行方向を見極めながら一番前を進むのは大変です。

hiroさんの後を一歩一歩進んでいきますが、今回は歩幅を狭めにして歩きました。

ザック内の軽量化も手伝ってホントに身体が楽でした。


P1040873_

歩いて、歩いて、














P1040878_漸く8合目に到着。

ここで15分ほどの休憩。

行動食にはチョコとスティック菓子、そしてエネルギー補給にアミノ酸。

水分補給にもアミノ酸飲料をチョイス。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ここでこのアミノ酸についてちょっと触れておこうと思います。

4901001131563 前回の野伏ケ岳バックカントリーは初めてという事や距離など様々な事情が重なり、太股・脹脛を含めて身体全身が今まで経験した事の無いほど疲弊してしまいました。ハイクアップの時から既に全身超筋肉痛でした。

今回何処まで改善できるか分かりませんでしたが、「最後までくずれないカラダ」というキャッチフレーズにやられ、一番アミノ酸が多く含まれる「PRO(プロ)」をチョイスしました。アミノ酸が3600mg含まれるようです。

いや前回も実はこのアミノ酸の飲料粉末タイプを持参していたのですが、1500mgの一番お安いものでした。それと今回は前日からこの「PRO」を2袋飲んでおりました。


E058135h_l この右のものが水で溶かす粉末タイプです。これはアミノ酸3000mgとなっており、1Lの水で混ぜるものですが私は500mlの水に混ぜてみました。やや甘い感じはありましたが、歩きながら飲んでおりますと殆ど気になりませんでした。

ひょっとすると摂取し過ぎると効果は薄れるとかいろいろあるかもしれませんが、今回身体が楽だったのはこのお陰かもしれません。

出発前日に薬局で購入したので高かったですが、楽天などでは店頭より1000円ほど安いみたいです(送料はかかりますが)。

というわけで、体力に不安がある方は一度お試し頂いても宜しいかもしれません。ちなみに私は翌日も筋肉痛にはなりませんでした。

あぁ、味の素さんから宣伝料でももらわないといけませんね(笑)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------


というわけで終始気持ちよくハイクアップ。

もちろん10kg以上は背負っているはずなので、スノーシューですしそれなりのシンドサはありましたが。


P1040884_女人堂を出発し更に上を目指してハイクアップ。

手前のBBさんを除くその後ろのお三方はフードを被っておられます。

写真では分かりませんが、ハイクアップしていると暑くてそこそこ発汗するのですが、結構強めの風と小雪が顔や首にあたると寒いのです。

私もフードして登りました。

この時のウェアはメリノウール薄手ジップとゴアテックスのアウター(インナーメッシュ付き)の2枚。

どちらもモンベルですが、この時ばかりはアウトドアウェアの素晴らしさを感じます。汗かいても冷たくならないですし、アウターの内側もゴアですのでもちろん結露しません。ベンチレーションもありますので、暑くなると通気も可能です。

でも皆さんパタゴニアやアークとカッコイイウェアが多くて憧れます。


P1040890_そしてこの石造に到着。

樹木も凍り付いています。

歩いていると2枚でも平気ですが、少しでも止まると強風も有り流石に寒い。

P1040894_

みんなフード被っていますね。

この時13時11分。

あまりの強風と視界不良のため剣が峰(3067m)山頂を目指すのを断念。

2770m付近で昼食とします。



が、

私は昼食のカップラーメンとおにぎりを車に忘れていた事が発覚(汗・・・

だからザックも軽いわけだ・・・


已む無く残していた行動食のチョコとアミノ酸を貪りました。

ビールもあったのですが、寒さで飲む気無し。

でも、ま、それほど腹が減った状態にはなりませんでした。

バックカントリーの場合、忘れ物は厳禁ですね。

一歩間違うと生死を分けるかもしませんので、大反省。

P1040895_休憩した場所。

黒いゴロゴロした石。視界はありません。

時折10m/s程度の強風。

P1040898_これ以上の登りを諦め、ココからのドロップインですがあまりの視界不良で一人一人あまり離れての滑りはできません。

それこそ遭難してしまいます。

山岳ガイドのMRTさん先頭に少しずつ滑っていきます。

怖かったですが、さすがに心強かったです。


P1040901_P1040905_

徐々に滑って行きますが、下に行くにつれて視界が開けてきます。

こうなってくると少しだけロングスパンでのライディングもでき、また2月下旬くらいの程ほどのパウダースノーを少しだけ満喫できました。


C0147398_22575532_2 

樹林帯を進む私(hiroさんのブログより)。

スノーボードでは樹木がかなり邪魔になり滑りにくいです。

ココまで来ると、雪もシャバシャバ。


P1040918__2そしてロープウェイまで来ると晴れ間が・・・。

もう後半日早ければ快晴のバックカントリースノーボードが楽しめたのに。


ゲレンデで最後の16時まで滑りました。

P1040919_快晴の御嶽山が見える。

P1040906_ ゲレンデ下部はもうこんな感じです。

GWまではモタナイかな。



P1040925_P1040926_ 

終了後は御嶽山を眺めながらの温泉。


そして、20時前から中津川IC手前の怪しい、そして美味しくボリューム満点の中華料理を頂きました。

我が家到着は25時頃。

やはり0泊3日になりましたが、今回も勉強する事が多くとても楽しく有意義なバックカントリースノーボードになりました。

ご一緒した皆様、誠にありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
強風に視界不良。最後の滑りは如何に?!