ニセコでお借りしたロッカーボードが頭を離れなかった。

Dsc_8737_

Nikon D40 nikkor18-55mm

MADE IN JAPAN

YONEXは全て国産だそうな。

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
~国産スノーボードYONEXはいかなるモノか?!~

京セラドームでは毎年シーズンだけオープンするスノーボード専門の店がある。

2月末でクローズとの事、夜22時まで開いているらしいので仕事もソコソコに最終日3日前に行ってみた。

20時頃到着したがエレベーター待ちの人で結構イッパイ(若者が多いが)。

9階のフロアーに上がるなり、後3日でクローズの為販売価格の10%をキャッシュバックしますとの事。

また3000円以上購入で、駐車料金1000円もキャッシュバック。

なんだか購入意欲が高まる(笑



ニセコでお借りしたK2 TURBO DREAM、シュート君お勧めのSALOMON SICK STICK、気になるYONEXの3本で迷う。

価格はYONEXが一番高いがビンディングもYONEだし、板もそれでイイかな、10%のキャッシュバックもあるし。

散々迷った挙句、YONEを購入。

もう直ぐ型落ちにはなるけれど、恐らくこの時期ではあるが購入した価格としては日本一安い価格だろう。

店員さんのお勧めは、私の身長からしては153であったが、元々156を希望していた為(またそのサイズしか無かった)156にした。

Dsc_8730_家に持ち帰って、パッケージも新品そのまま。

Dsc_8732_デザインは好みが分かれる所。

はじめは見慣れなかったが、和(らしき)のデザインがキライではない。

Dsc_8733_アキュブレビンディングを付けてみた。

純正のネジがキッチリ装着できた(前のRIDEではYONE純正ネジは装着できず、FLOWネジ)。

Dsc_8735_ビンディング間は52cmにしてみた(広いのか、狭いのか不明)。

板の性能は、、、

「NEO TWINシェイプにロッカー形状とGUMMETALを採用して、オールマウンテンなライディングが可能に。ナチュラルヒットでのスイッチランディングやパウダーでのバタートリックなど、裏山をパークのように楽しめる。」

らしい・・・(以上YONEのカタログより抜粋)。

一応、素材は高強度カーボンでアラミドハニカム(強くて軽くて反発がイイのだろう、多分)。

なんせ試乗もしていないので、どうかよく分からない。

ま、腕が無いとその性能も宝の持ち腐れとなってしまうが。


ロッカー形状はK2 TURBO DREAMと近いか、もう少しロッカーが強いかもといった感じ。

スイッチランディングもしないし(出来ないし)、パウダーでトリックもしないし(出来ないし)、でバタートリックってなんだ?、といった感じなんですが、

ツリーランで取り回しがしやすく、パウダーもイケテ、ゲレンデカービングもいければOKなので、多分これでイイのかなと。

Dsc_8739_帰ってボード重量を計ってみると、2.6kg。

今乗っているRIDE CONSEPT UL154という超軽量(らしい)板が丁度2.6kgなので、長くなったにも関わらず同じ重量。

ちなみにBURTON CUSTOM X158は超軽量を唄っているが3.0kgであった。

ゲレンデでダブル事もまず無いだろう、ちょっと大人の板?

さてどんな乗り心地なんでしょう。

次回レポ予定。

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
~国産スノーボードYONEXはいかなるモノか?!~