P1060950_

Panasonic FT1 28mm 

立山が美しいのは昼間だけではない。

夕暮れも心和ます景色を魅せてくれる。

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
~ホントキレイなんですよ~

P1060953_P1060952_  部屋は6畳、3人なので狭すぎず広すぎず。

ウェアやスノーシューも乾かせた。

翌日の昼食とアミノ酸は欠かせない。

P1060943_夕食には欠かせないビールも生で頂ける。

2400mで呑む生で600円はかなり安いと思う。

食事も山小屋にしては美味しいし、量も多くGood!

食堂ではこれまた去年の野伏御岳でご一緒したトミーさんと偶然お会いした!

彼はなんと一人で来ていたとの事、一緒に来れば良かったね。

声かけずにスミマセンでした。

でも一年ぶりのとても嬉しい出会い。

夕食後、談話室で歓談。

papasnowさんとも初めて出会った。

papaさんはシーズン滑走は50日ほどになるそうな、、、スゲェー。

明るく、ひょうきんで人を惹き付けるお人柄であった。

また何処かでご一緒したいと思った。

同じ趣味で、好きなことを通じて話し合えるのは嬉しい事ですね。

立山の魅力は山だけではないことを改めて知った。

P1060965__2夜は星がキレイとの事で、雷鳥荘から外に出てみる。

寒い、、、

月がかなり明るい。

pana FT1のスローシャッター30秒で撮ってみた。

とても静か、自然の雄大さを感じた。

P1060966_

朝食はバイキング。

とても山小屋とは思えない、量も質も。

6時半から食べれる。

朝陽は見落とした、、、。














P1060968_翌日の雷鳥荘の真ん前。

太陽が眩しい、雪山がツルツルしている。

今日も当たりか!?

いや昨日よりも更に当たりな予感。

P1060975_立山名物みくりが池もすっぽり雪に埋まっている。

P1060987_写真を撮りに来る人も結構多かった。

そりゃ撮りたくなるわなぁ~。

P1060989_チェックアウトして、ガイド旭氏に従い室堂方面へ。

国見岳(2620.8m)と室堂山(2668m)の間の沢を登る。

人が居ない方へ、居ない方へ。

P1060995_

これは一ノ越方面だろうか?

P1060997_雪が光っているね!

旭氏のハイク。

雪質はパウダーではないけれど、この好天でうまく緩んでくれそうだ。

P1080008_室堂山と国見岳の間の沢、ここからいろんな山が見える。

P1080010_遠く向こうは日本三山の白山。

P1080014_そして真ん中に尖って見えるのは「槍」です!

行ってみたいなぁ~。

P1080011_そして今から登るのは国見岳方面、写真右側の尾根だ。

危険なので旭氏からは写真撮影禁止のお達しが、、、

でもホント思った以上に怖くて写真は無し。。。

P1080017_怖い尾根をなんとか登り、白山をバックにトンカツさんと。

気持ちよさ満点!!

P1080022_国見の一歩手前、標高2620mの表示。

実際よりやや高く表示。

P1080028_P1080030__2

トンカツさんのライディング。

雪はボードに底付きするけれど、気持ち良く滑れた!

大谷の手前まで。

P1080039__2 ホンマ気持ち良いです!

P1080043_今年は18m近く積もっているようですね。

これスゴイわ。

もう少し続きます。

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
~ホントキレイなんですよ~