Dsc_0091_ Nikon D80 nikkor18-200mm

八方池から八方尾根を進んでいく。

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
~晴れてくれ~そう願いながら一歩一歩2600m目指して進んでいく~

Dsc_0106_ 緑が美しい。

道が狭いので対面になるとお互いに止まらないといけない。

Dsc_0110_扇雪渓。

年中雪が残っているのが不思議だが、ま、それだけ気温も低いからだろう。

Dsc_0115_Dsc_0116_Dsc_0125_森林限界を超えてからのお花畑。

可憐で美しい。

Dsc_0113_雪渓の上にて。

なんとも冷やっこい!

雪解け水も流れていて、手をかざすと凍ってしまいそうな程、キンキンに冷えていた。

Dsc_0118_さぁ、丸山ケルンまであと一息。

ハイ松がビッシリ。

Dsc_0120_ココで2400m付近だろうか。

生憎視界は無し、、、

Dsc_0136__2しかし時折雲の切れ間が見え、雄大な山が現れる。

その隙を狙って、

Dsc_0128_撮影。

Dsc_0148_Dsc_0151_Dsc_0145_まだまだ五竜まで距離も時間もあるので先を急ぐ。

しかしケンタも疲れが重なり、休憩回数と時間が増えてくる。

Dsc_0159_唐松山荘までもう少し、ココで2500m付近か。

びびる程では無いけれど、滑落するとちょっと大変な事になりそうな道。

Dsc_0169_ロープにつかまりながら進んでいく。

落石も怖い。

Dsc_0171_ようやく唐松山荘が見えてきた。

約4時間の予定が結局は5時間かかり12時丁度に到着。

ここから五竜山荘まではマップ上で更に2時間半、この荷物とケンタの体力では3時間以上かかると思われた。

そしてより難易度のある牛首を越えて行かないといけない。

私は行きたい気持ちでイッパイであったが、昼食とりケンタの疲労も考えるとココでテントを張った方が良さそうだ。

明日状況が良ければ、五竜山荘から遠見を経由してアルプス平を目指す計画に変更した。

しかしそうなったとしても、五竜岳を往復するのは時間的に厳しいか、、、

いろいろ思いながら山荘でテントの手続き。

テン場代500円/人、トイレ代200円/人、二人で1400円だった。

Dsc_0181_Dsc_0182_Dsc_0183_Dsc_0184_Dsc_0185__2Dsc_0187_疲れてはいたけれど、とにかく今日の住まいを作るべくテント場へ下りて良さそうな場所を決めた。

なんとか完成!

Dsc_0188_ガスが無ければ視界良好です。

Dsc_0191_出来上がった秘密基地にケンタも満足。

Dsc_0281_Dsc_0283_純正ペグでは心配であったので、アルミのVペグを使うと共にホームセンターで切り売りしているゴルフネットで石を重しに活用した。

平地に比べると山の稜線近くのテント泊は強風が心配。

いつも以上に入念にペグダウンした。

Dsc_0194_Dsc_0195_Dsc_0196_一仕事終えて生ビールを!!

おっさんのアップ写真ですみません。。。

疲れて水分切れかけた身体に注ぎ込まれる黄色い泡、あぁぁぁ~、この為にココに来たのかも!?

2600mで呑むキンキンの生ビールの美味さは格別!!!

850円でも安いかも。。。

とりあえず一杯で我慢。

バックに見えるのは唐松岳2696m、一息したら登ってみよう。

Adsc_0243_ここで唐松山荘全景をご紹介。

唐松岳中腹からの写真ですが、私達のテントは赤い印の所です。

テント泊では3番目に到着しましたが、それでもこの位置。

トイレ行くのに登り5分弱はかかります。到着が遅くなるともっと下の方に張らないといけませんので大変です。用足しもその辺でしてしまいそうやな(山ではダメです!特にココの下に水場もありますので)。

Dsc_0225_よくこんな所に建てたなと思うけれど、ココはまだマシな方かな。

Dsc_0263_山荘から牛首、五竜方面。

Dsc_0199__3山荘から下のテンバ。

コレは想像以上にワイルドです。

Dsc_0205_Dsc_0207_Dsc_0208_Dsc_0210_Dsc_0202_昼食は予定通り山荘にて。

カレー1200円、山荘宿泊では無いので休憩料300円は別!

ビールと合わせて2000円オーバーの昼食でした。

しかし安定した電気も水も無い2600mで営んでくれる山荘の有り難味を感じました。

することも無いし、休憩料300円だし(笑)持ってきたトランプと置いてあったオセロで遊ぶのもまた良し。

Dsc_0213_ひとしきり休憩して、唐松岳へ行こうということに。

テンバから山荘を見上げた写真。

結構急なんです。

Dsc_0224_ほんの15分ほどで登頂。

たいしたことは無いけれど、落ちると怖い。

Dsc_0216_目的を一つ達成。

長袖Tシャツにレインウェアを着ても暑くは無い。

むしろ適温な感じ。

Dsc_0254_たまに見える青空も一瞬。

Dsc_0244_明日晴れていれば越えていく予定の牛首方面。

行けるかな?

Dsc_0258_Dsc_0270_山の女王コマクサでしたっけ?

そんなに花に興味があるわけではないけれど、花は山をより一層愉しませてくれる。

Dsc_0274_Dsc_0275_Dsc_0276_ テントで休憩。

二人用なので横幅130cmあればケンタとなら楽々。

暫く晩御飯まで昼寝しよう。

~続く~

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
~とりあえずのんびり過ごすのもイイ~今晩の星は見えるのかな~?