ハイクUPのカズ兄とPAPAさん、TOPページを飾る。

赤いMOSSとスワローテールのGENTENSTICKは絵になる。

剣御前への登り返しの二人。

Dsc03372_

Sony NEX-5D 18-55mm

空が青い!!

眩しい!!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
~立山感動の剱岳~

Dsc02709_テンションはダダ上がりである。

朝7時、雷鳥荘前から雷鳥沢方面を見る。

今日は沢の左を登りきり、向こうへ滑り降りる予定。

Dsc02713_宿から一旦テント場方面へ滑り降りる。

何度見ても、青い!!

Dsc02720_今日は最高の一日になりそうだ。

Dsc02725_私も笑顔で記念撮影。






Dsc02732_Dsc02734a不要な荷物はココにデポ。

まぁ、持っていかれることは無いだろう。

標高は2230m、目的地の剱御前小屋までは約500mのUP。

Dsc02736__22時間もあれば目的地まで行けるだろう。




Dsc02740_この先は何があるのだろう。

目に入るのは本当に「青と白」のみ。

Dsc02746_みっちゃんも笑顔^_^






Dsc02748_登っていくと暑い。

しかし気温はマイナスであろう。

Dsc02777_休憩。

あまりの絶景に溜め息。。。

Dsc02778_途中まで我々が先頭であったが、途中で交代。

ボードとスキーのお二人。

その先には剱御前小屋が右上に小さく見える。

Dsc02783_マイペースで登るみっちゃん。

真ん中が浄土山、その左下が一の越、そして左端が雄山と山崎カール。

登りは無理せずゆっくり自分のペースで上がるのが正解。

Dsc02787_かなり近付いてきたが、スノーシューの登りでは経験した事の無いような急斜面。

振り返るゆとりも無い。

素早くストックを短くして前傾で上がる。

スノーシューよりもアイゼンで登りたいような斜面であった。

みっちゃんと二人だけだったら敗退していたかもしれない。。。

しかしPAPAさん、カズ兄と一緒だったこと、先行していたボードの方がシューだったしなんとか行けるだろうと判断。

この時ばかりはみっちゃんも早足で登っていた(笑

Dsc02795_小屋まで目前。

標高2700m、この尾根の雪はまだ緩んでおらずカチカチでは無いもののシューでは心許ない。

Dsc02797_振り返ると絶景。





Dsc02799_私にとってはココが最難関であった尾根。

どちらに落ちてもただの怪我ではすまなさそう。

慎重に確実に一歩一歩進む。

≪MSRスノーシューにシマノプレートを装着している場合について≫---------------------------------------------------
私はMSRのシューにシマノACCUBLADEプレートを装着しているためか、この尾根のトラバースには悪戦苦闘。

通常、斜面を横切る時にMSRフレームが雪面にガチッとグリップしながら、ゴムストラップだと体勢は垂直に保てると思われる。

しかしシマノプレートだとゴムの柔軟性が無いので、雪が堅くシューが斜めのままだと足も身体も斜めになってしまう。

ステップインで脱着は極めて楽で快適であるが、堅い斜面のトラバースではかなり苦戦すると感じた。

しかも滑落危うしの場所では尚の事である。

標高の高い場所だと、標準ゴムストラップへの付け替えも考えないといけないと思った。

このトラバースはMSR標準のカズ兄、みっちゃんはやはりそれ程でも無かったらしい。

ちなみにPAPAさんはグリベルG10ワイドのアイゼン装着でココをクリアした。

馴れた人ならそうでもないのかもしれないが、正直私は相当怖かった。。。

あくまで個人的見解ですが。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Dsc02803_Dsc02806_冷や汗かきながら、なんとか剱御前小屋にAM10時到着。

荷物をデポしてココまで丁度2時間。

Dsc02814_Dsc02816_30分ほど遅れてPAPAさん到着。

途中アイゼンがバラケて急斜面で直していたらしい。

その時に手を切り流血。

私の救急箱が初めて役立った。

Dsc02817__2結構たくさんの方が登ってきた。

中には女性一人のボーダーもいらしてビックリ(@_@)

Dsc02819_気付かなかったがバックのあれが剱岳だ!

こんなに近くで見たのは初めてで、みな興奮!

Dsc02822_女性一人ボーダーさん、カッコイイ!!

さて一服してココ剱御前小屋からいよいよドロップイン。







Dsc02827_超、超気持ち良い!!!

写真担当の為、ノートラックワイドバーンを一番に頂戴しました。

≪カズ兄≫
Dsc02830_Dsc02831_Dsc02833_Dsc02838_Dsc02846a

私のトラックを軽くひとッ飛びするカズ兄さん、上手いわ~!

Dsc02850_
真っ白なキャンバスに描かれる2本のラインがクロスする。

Dsc02880_

カズ兄かっこ良過ぎ!!

≪みっちゃん≫

Dsc02888_Dsc02888aDsc02893_Dsc02898_Dsc02900_Dsc02918_超笑顔のみっちゃん^_^

写真で見るよりドロップしたては結構な急斜面。

下からの指示通り吹き溜まりの右斜面を選択してくれた。

ドライパウダー上げまくり!!

Dsc02991_剱岳をバックにガッツポーズ!

≪PAPA≫

Dsc02930aDsc02944_Dsc02950_Dsc02950aDsc02958_Dsc02974_Dsc02979_PAPAさんも超笑顔で剱岳をバックに。

深いターンがカッコイイ!!

さすがGENTENSTICK!?






≪かつお≫
Dsc03170_Dsc03205_Dsc03246_Dsc03262_Dsc03282_Dsc03304_Dsc03323_私は二本目のライドをみっちゃんに撮影してもらった。

メロウな気持ちよい斜面であった。

Dsc03328a_剱岳をバックにガッツポーズ^_^

そして、、、

Dsc03331_全員で剱をバックに。

今日一番の笑顔かなv^_^v

≪おまけ≫

Dsc03342_プロスノーボーダーのようなカズ兄。

キマッテマスよ~!!

みんな興奮しまくり。


この為にココに来た、そんなひと時であった。。。


次回最終。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
~立山感動の剱岳~