P1140480_Panasonic FT1 28mm

二つ目の小屋裏の岩山をなんとか超え、待ってもらっていたメンバーと合流。

あと高度100mちょっとでピークだ。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
~標高3000mからの滑走~

P1000724_この付近になってくると空気が薄くなるのか、疲労も重なり身体が動きにくい。

邪魔臭いのでメットも被ったまま。

P1140490_それでも気を取り直して撮影。

バックに見えるのは二の池2908m。

みず色がとてもキレイで感動!!

P1140488_もう少し、もう少しと登るがなかなか着かない。

P1140494_こんな標高の高い所に菩薩がある。

御嶽山が古くから信仰の山として崇められたからであろう。

P1140508_さていよいよ最上部へ到着。

普通に息は出来るが、なんか身体が重い。

天気も最高でゆっくり来たとは云え、6時間と少しのハイクアップ。

みなさん、ホントお疲れ様でした。

P1140511_

御嶽神社へ。

修験道の神を祀る神社のようだ。

ここまで来れた事に感謝し、帰り道の安全もお祈りしておこう。

P1140518_そして、、、御嶽山3067m登頂!!!

少ないながらもいろいろ山には登ってきたが、3000m超えたのは初めてであった。

バックに見えるのはつい先日登った乗鞍岳、より一層感慨深い。



P1140524_P1140527_プロトレックは山頂でも150mの誤差。

いまだに修正の仕方を理解していない、、、

ドーナツは気圧の関係でパンパン、袋が割れそう。

お味は良かった!

高カロリーなので、BCのお供には最適。




P1140537_各々ギア装着して3000mからドロップ。

P1140536_テカポさんと二の池と乗鞍岳。

P1140543_これからピークを目指す登山者を横目に滑走。

気持ち良さそうやなぁ~と声をかけて頂く。

P1140563_P1140568_P1140569_P1140570_P1140571_トンカツさんは180までしてしまうタフさ。

ほんま感心します。

うっち~さんは最後尾で我々の安全を見てくれています。

ありがとうございます。



P1140640_

P1140645_P1140664_P1140693_P1140734_

P1140853_唯一のスキーヤー、テカポさんの華麗なライディング。




P1140758_
P1140878_P1140899_P1140907_ザラメのスプレーを上げるトンカツさん。







Pa1_Pa2_Pa3_Pa4_余裕のうっち~さん。

オープンバーンは気持ちよいですね。


Pa5_Pa_

全く余裕無しの私。

しかしホント気持ち良かった!







P1140940_あとは黄砂の乗った雪を滑って下りるだけ。

しかし黄砂はかなりやっかいで、ボードが完全に止まってしまい、前のめりになる。

御嶽山のツリーは結構狭いし大変。



この尾根沿いに滑り、左斜面には行かない様に。

戻って来れなくなります。

P1140958_今年は営業中止している御岳ロープスキー場のトップ到着。

ここまで着たら大きな安堵に包まれる。

無事で良かった。






P1140961_雪解け進むゲレンデ滑走。

板が止まる、止まる。

P1140963_最後はこんなトコまで滑走。

駐車場の近くまで滑っていけたのでラッキーだった。

14時最終地点到着。

理想的な時間に帰ってこれた事に感謝。






片付けをしている時に隣に居たボーダーさんとも実はネットで繋がっていた方々らしい。

うっち~さんの事もご存知だったようですよ。

世間は狭いなぁ。

またどちらかでお会いしましょう。





ご一緒した皆様、ありがとうございました!!

≪おまけ≫
P1140500__P1140964__P1140968__










左:今回のお役立ち→日焼け防止の鼻ガード。これはイケタ!

中:帰りの温泉露天風呂。

右:源平桃。桜のようであるが、同じ木に全く違う色の花が咲いていた。



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
~標高3000mからの滑走~