Dsc04470_

Sony NEX-5D 16mm f2.8

雲が見当たらない、紺碧の富士山。

またもやの世界を堪能した。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
~日本一の山でBCスノーボード~





前日の昼過ぎ仕事中に一本のメール。

「明日、富士山行けへん?」



揺れる心、悩みに悩んだ末、行く事に。

配車などご配慮頂き、うっち~さんありがとうございました。

Dsc04409_前日22時出発、AM3:30富士宮登山口5合目駐車場到着。

1時間車で睡眠し、4:30から準備に取り掛かる。

Dsc04412_Dsc04413_Dsc04411_登山口近場の駐車場は夜中3時過ぎにも関わらず8割方満車状態。

2400mの為、袋はパンパン。

Dsc04416_登山口出発はAM5:45。

山頂3776mまで約1400mのハイクUPは何時間かかるだろうか?

Dsc04419_うっち~さんはロシニョールのミニ119cmをザクに。

軽くて反則ワザ・・・しかしコレをBCで使える技術には脱帽。

Dsc04423_6合目までは全く雪は無く、楽勝のハイクアップ。

Dsc04425_しかしもう少し進むと早くもアイゼン装着。

今回はスノーシューは使わずアイゼンのみで挑戦。

ヒールリフターが無い分足腰にくるかも・・・。

Dsc04429_しかしココ富士山も10年ぶり以上の大降雪だったようで、6月を間近にしてこの雪は残っている方だったようだ。

Dsc04438_AM7:16の私。

1時間半程上がり、アウターのゴアとフリースは脱いだ。

気温はプラス3度くらい?

風が殆ど無いので、寒さもマシであった。






Dsc04447_しかし青い。

Dsc04448_何処までも青い。

Dsc04443_富士山特有の溶岩石。





Dsc04455_7合目の鳥居。

Dsc04457_AM9時過ぎ、うっち~さんもボードを引っ張り出した。

これは御嶽山でも実施したが、肩の負担が少なく楽だ。

Dsc04464_雪はイイ具合に緩みそうだ。

Dsc04465_私も引っ張るがどうもカカトの具合が悪い。

ブーツを緩めに閉めていたためか、カカトに1円玉ほどの水脹れを発生させてしまったようだ。

一歩一歩踏み出すも、カカトが切れて血が出ているのではと思うほど痛い。。。




Dsc04474_まだ少なくともアソコまで登らないといけない。

うっち~さんにはもう見えない所まで置いて行かれている。
(実際にはあの奥がピーク3776mであった)



一歩一歩、歩幅も小さく上がるがさすがに3000mを越えると空気も薄く、足が上がらない。






Dsc04478_モタモタしている間にPAPAさんと9合目手前で偶然お会いした。

靴ヅレも無く快調に飛ばしていかれた。





Dsc04479_辛い辛い。

もうダメかな、何度も諦めかけた。

太股、脹脛の疲労はそれ程感じない。

しかしカカトの痛み、空気の薄さか足が上がらない。

Dsc04491_しかし必死の踏ん張りで9合目到着。

40分も寒いのに待ってくれたうっち~さん、大変申し訳なかったです。

風も富士山にしては弱いがそれでも7~10m前後?

体感温度は氷点下か。

Dsc04504_しかし山頂はまだ先。

あれが日本の天井か。

左の尾根を登らないといけない。

火口へ向けて滑っている人が見える。



この尾根は更に空気が薄かった。。。

Dsc04517_Dsc04528_



なんとか日本最高峰登頂。

ガーミンでは3783mの表示であった。

日本でもうココ以上に高い場所は無い。

ココに居るのは15人ほど、日本一の場所を堪能。

火口の底まで滑りたかったが、今回は登り返す体力に不安もあったため断念。。。残念。。。

Dsc04544_休憩後はいよいよ3776mからの滑走。




Dsc04548_Dsc04567_もう6月直前というのにまだまだ滑れる雪、富士山万歳!!

ストップスノーは全く無い。

誰も滑っていないバーンを探して滑り落ちた。

Dsc04570_Dsc04612_うっち~さんもさすがに笑顔^_^

登ってきた甲斐がありましたね!




Dsc04614_最高の斜面!






Dsc04628_雲の上を滑る。






Dsc04653_Dsc04660_スキーヤーも気持ち良さそう~







Dsc04665_7合目の鳥居。

空が眩しい。

Dsc04667_駐車場の際まで雪が残っておりました。

例年になく、やはり雪は多いようです。

しかも下までノーストップスノーだったので満足!!

御嶽山の時とは大違いでした。

13時には最後まで降りる事が出来ました。

3776mからゆっくり小1時間。





Dsc04668_滑走し高度を落としていくと頭痛が、、、

山頂ではなんとも無かったのに高山病か、、、

薬を飲むほどでは無かったが重い頭で片付け。



名残惜しく富士山を去る。

Dsc04669_そうか、アソコに登ったのか。

山頂付近がややガスに覆われた富士山。

一番ベストな時間に登ったようだった。



帰宅はPM9時前、23時間の有意義な時間を過せた。

ご一緒して頂いたうっち~さんに深く感謝。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
~日本一の山でBCスノーボード~