Dsc_0181_Dsc_0410_ Nikon D3000 nikkor18-200mm

なんか、ハイクって絵になりますね。

あ、うちのチームじゃないのですが・・・。

二日目もなんとか空が見えました。

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
~晴れ男も立山には適わなかった~

Dsc_0160_Dsc_0161_初日の泊まり、標高2400mの雷鳥荘で頂く晩御飯。

生ビールは去年と同じ700円、疲れもあったのか1杯だけにして後は350円の缶チューハイ。

温泉には夜と朝と2回入ったが源泉はイイ気持ちになる。

23時には就寝。

アルコールはやっぱり1L以上呑んだ・・・。

Dsc_0167_朝食はバイキング。

さて二日目の朝。

Dsc_0171_雷鳥荘は8時過ぎに出発。

思ったより早めに出れた。

Dsc_0177_Dsc_0178_昨日からの降雪は無く室堂で荷物をデポして一ノ越方面を目指す。

Dsc_0179_昨日は高山病だったアッキーも調子良さそう!

Dsc_0184_本日の記念撮影。

PAPAさんチーム4名とうちのチーム7名で合計11名の大所帯。

Dsc_0189_Dsc_0190_一ノ越から東一ノ越を経て大観峰へ行く組(5人)と、龍王岳から大観峰へ目指す組(6人:私はこちら)に別れた。

この時はまだ視界が良い。

Dsc_0191_う~ん、滑らかな斜面!

期待に胸を躍らせながら登る。

Dsc_0201_ 雄山2991mと右下に見えるのが一ノ越山荘。

左下に小さな人が2人見える。

別チームは山荘の裏側へドロップ予定。

雄山は雪付きが良くないと思われる(毎年こんなものかな?)。

Dsc_0205_我々は雄山に背を向け龍王岳を目指す。

Dsc_0209_

向こうは何処の山?針木岳とかかな?

この辺までは良かったのであるが、、、

Dsc_0215_11時頃、視界不良となってきた。

その上、風も結構強い。

稜線に出れば吹き飛ばされそうなくらい。

先に進むべきか、引き返すか、、、

GPSではもう少し行けば富山大学立山研究所があるので進む。

こんな時はGPSの安心感は抜群(全てに頼れるわけでは無いが)。

二日目のルートはこんな感じ。

※雪や気象条件によりこのままのルートでは進めない時や登れない時もありますのでご注意ください。

Dsc_0220_富山大学立山研究所にたどり着く。

しかし建物に隠れても全ての方向から強風吹きさらし。

徐々に体温が下がるし寒い。

晴れない、見通しが悪いで待機せざるを得ない。

一ノ越山荘から東一ノ越へドロップしたメンバーの視界は悪くなかったようだ。

標高が高く雲の中に入ってしまったらしい。

ある程度見通せるまでココで。

Dsc_0218_岩にはエビの尻尾が出ている。

標高2800mの吹き曝し、じっとしていたら寒い。

Dsc_0222_龍王岳が見えてきた。

Dsc_0224_Dsc_0229_一時間以上は待機しただろうか、、、

ようやく視界が開け、このワンチャンスに一ノ越ラインへドロップする事に。

これならまだ滑りが楽しめるかも。

Dsc_0230_しかしまたもや視界不良。

晴れたら即滑れるように準備。

待ちすぎても身体が寒いけど一瞬を待つしか無い。







と、、、開けた。

さぁ順にドロップ。

Adsc_0267_PAPAさん




Adsc_0286_シュートくん





Adsc_0303_かずにぃ





Adsc_0327_えんちゃん



Adsc_0345_まささん





みんなかっこよく撮れました。

ドロップ直後はパウダー楽しめましたが2500m付近はストップスノーでしたね。

それでも晴れて視界がとれて良かった。

ホントはパウダー飛ばしまくりのこんなアップ写真が撮れたら良かったのですが。

Adsc_0350_ある程度滑り降りてみなホッとした。




Dsc_0377_Adsc_0397_もう少し下のラインまでドロップ。


Adsc_0421_室堂到着。

予想外のガスでちょっとロスもあったけど無事に滑り終えてみな笑顔!^_^!

お疲れ様でした。

Adsc_0418_ココ3年ではもっとも天気に恵まれなかったが、その分友には恵まれた。

一ノ越→大観峰チームがなかなか帰ってこないので、シュートくんと室堂で2時間待機。

台湾からの観光客超多数。

雪山でボーっとするのも悪くないが、寒いのでダウン装着。



Dsc_0424_

Dsc_0428_雪の大谷。

今年も18mの壁。

Dsc_0431_最後は温泉つかっていつもの「きときと寿司」へ。

立山出たのは20時ころだったかな、帰宅はAM1時過ぎ。

【4/26 追記】

二日目の朝、室堂で通りすがりのすれ違いに

「fukudaさんですよね」

と、声をかけて頂いた!

えっ、こんなトコで知り合いか?!と思ってサングラスを外したが全く知らない方。

「ブログ見てますよ」とのこと!!

「ま、マジっすか?!」

奥様と二人で立山オープンに来られ、麓でワンちゃんをおいてきているので室堂に泊まらずに一旦山を下りたとの事。

そして驚いたことに自宅から程近いところにお住まいなこと。

名前も聞かず失礼しましたが、またいつかどこかでご一緒しましょう!

平日お休みなら是非に!

嬉しい一コマがありました。

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
~晴れ男も立山にはかなわなかった~でもいつも通り終わりはハッピーでした~