Dsc07874_

Sony NEX-5D 16mm f2.8

GW初日(私にとっては)、氷ノ山に登ってきた。

氷ノ山国際スキー場、若桜氷ノ山スキー場は行った事があった。

しかし兵庫県最高峰の氷ノ山は未踏。

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
~のんびりハイク~

Dsc07797_早朝4時過ぎ出発、舞鶴自動車道の朝焼け。

微妙な天気予報であったが好天の予感。

Dsc07799_やはり晴れてきた。

北近畿豊岡自動車道、八鹿氷ノ山ICを降りて最初のコンビニにて。

同行者はトンカツさん。

Dsc07801_Dsc07802_Dsc07804_駐車場は福定親水公園(無料)。

キャンプ場でもある(1000円/ひと張り、200円/人)。

Dsc07807_駐車場より上の段は広場になっててテントも張りやすそう。

Dsc07809_Dsc07814_Dsc07819_キャンプ場を登っていくルートを選択。

大きな川原の後は布滝、高さもありそれなりの迫力。

Dsc07824_Dsc07829_ボチボチと登山道を登っていく。




今回のコースは

7:39福定親水公園→9:29氷ノ山越→10:55氷ノ山山頂→12:27神大ヒュッテ→13:40東尾根避難小屋→14:10東尾根登山口→15:00福定親水公園

という標準コース。

かなりゆっくりめで写真を撮りながら歩いたので、コースタイムは参考までに・・・。

兵庫県出身ながら最高峰は初めて。

Dsc07839_Dsc07840_

地蔵堂。

Dsc07843__2大きな木。









Dsc07846_Dsc07855_登山道崩落のハシゴを越えて、氷ノ山避難小屋到着。

Dsc07858_Dsc07861_Dsc07864_Dsc07865_このルートにはたくさんの避難小屋がある。

簡素であるが必要十分、小屋裏には寝れるスペースもある。

ご厄介にならないようにしたいところだ。

Dsc07868_燕岳の合戦尾根を思わせる根の張った登山道。

Dsc07872_1300m?付近は雪の登山道。

Dsc07880_そして雪解け水でぬかるみまくり・・・。

Dsc07890_サングラスをしないと雪で眩しい。



Dsc07893_Dsc07895_Dsc07896_標高1510m、兵庫県最高峰の氷ノ山到着。

Dsc07906_曇空だけど見晴らしは悪くない。

Dsc07902_Dsc07903_寒いので小屋の中に入って昼食。

気温は5度。

Dsc07900_Dsc07898_CoCo壱番屋のカレーラーメン。

確かに野菜の旨みが出て美味しかった。

水は520ml必要。

最後はおにぎりを中に入れて、カレーライスにして〆。

生卵を忘れた・・・。

しかし寒い時はカレーラーメンに限るが、おにぎりだけのトンカツさんは寒そうであった。

Dsc07904_二人で記念撮影。

今度は是非バックカントリーで雪の有る時にスノボ担いで来てみたいな。

今回はその時のための地形の勉強も兼ねて。

Dsc07915_山頂近くにある水洗トイレ。

その2階からは展望あり。

Dsc07911_Dsc07912_ここに雪が積もって滑れるのだろうか?

Dsc07918_東尾根の下りもご覧の泥濘(ぬかるみ)。

Dsc07925_事前にヤマレコで情報収集していたので私も珍しく数年ぶりにスパッツを履いたが正解だった。

Dsc07922_Dsc07923_神大ヒュッテ。

Dsc07927_Dsc07931_Dsc07935_どんどん下って東尾根避難小屋。

ここは手入れも行き届いてとてもキレイだった。

この辺りから左膝の痛みが出てきてストックを使用。

このくらいの高度差、時間、距離で膝痛が出るとは、、、ショック。

鍛え直さねばいかんな。。。

Dsc07940_Dsc07941_ぜんまい?珍しい実り方。

Dsc07945_東尾根登山道入口到着。

ここからはフラットでやや下りの舗装道路を下っていくだけ。

Dsc07948_氷ノ山国際スキー場。

キャンプも出来るようだけど閑散としていた。

急斜面もあり人も少なそうなので一度パウダーの時期に狙おうかな。

ロッジでアイスクリームを食す、180円也。

Dsc07951_滝あり、雪あり、新緑ありでのんびりハイクでした。

お疲れ様でした。

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
~次回は真っ白な季節に~