P1250065_Panasonic FT1 28mm 

朝4時過ぎ、目覚める。

夜空は見えなかったので、朝焼けに期待。

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
~雨の3000m稜線を行く~

P1250066__2P1250073_山は雲の中だけど、富士山はひょっこり出ている。

山小屋の屋根はやっぱり赤に限るなぁ。。。

P1250069_西の山はまだ暗い。

P1250075_テントの夜明けもイイだろうな。

今年はまだテン泊の予定は無いけど。

P1250076_朝食は朝5時から。

トロロに桜えびが美味い!

北岳山荘は夜も朝もご飯はOK。

P1250077_P1250080_出発の準備完了。

色とりどりのレインウェア。

雨は降っていないけど、長袖Tシャツでは寒い。P1250085_P1250084_

papaさん、エンちゃんはピストンで広河原に戻る。

トンカツさん、野田っち、私の3人は農鳥岳へ向かって歩き駐車場の奈良田を目指す。

そうそう、野田っちは3000mでもトレランシューズだ。

荷物が軽いと問題なさそうですね、いやむしろ良いかも。

P1250089_たまに晴れ、たまに雨。

P1250093_P1250094_P1250095_眼下に広がる雲を見ると3000mに来た!と強く思う。

P1250096_晴れている時は記念撮影(笑)

P1250099_なぜかルート外の雪渓を歩くお茶目なトンカツさん(笑)

P1250101_ 日本4位の間ノ岳(あいのだけ)3189m登頂。

標準CT1時間40分を1時間で。

またもやガスで視界不良・・・

P1250103_P1250105_ま、仕方ないかー、と思ってたら下りに差し掛かって視界が開けた。

噂の農鳥小屋の赤い屋根が見える。

P1250108_ゴツゴツした岩が続く。




そして、、、

P1250112__2P1250113__2P1250114__2知る人ぞ知る小屋に到着。

名物親父さんがお一人で営んでいるようだ。

青いトタン屋根がトイレであるが、完全自然還元方式で裏側を見たらかなりビビった。

そのままだったから、、、(笑)

ちゃんと手前が男子で、奥の建物が女子と分かれてはいた。

心なしか斜面の草木が元気良く茂っていたような気がするのは私だけか。。。栄養満点で。

ここには電気がないようで、無いなりにいろいろ工夫して質素ながらも食事も頂けるようだ。

ただ奈良田の手前で昨日ココに泊まったお姉さま(ご婦人)お二人に感想をお聞きしたところ、

布団が尋常なく汗臭い匂いで寝れなかったらしい。。。

北岳山荘に泊まって正解だった、いやそれははじめから分かっていたことだけど。

縦走して宿泊する場所としてはベストなんだけど、いろんな噂のある小屋です。

怖いもの見たさで名物頑固親父さんに会ってみたい方は是非!

あ、テント場はよく整備されていたのでテン泊ならありかも。

P1250116_農鳥小屋を過ぎたら雨が降りだした。

西農鳥岳3015m登頂。

二日で5つの3000m峰を踏むことになる。

南アルプスは3000mを超える高い山が豊富である。

P1250121_200名山の一角、農鳥岳3025m登頂。

しかしガスっているなぁ。。。

ま、致し方ない。





P1250123_雨で視界は悪いけど、

P1250124_P1250125_幸せの鐘を鳴らす野田っち。

大門沢下降点到着9:35、北岳山荘から約3時間30分。

標準CTが約5時間なのでそんなもんですね。

雨で岩場は足元滑りやすかった。

P1250127_P1250128_ここの下りはかなりキツかった。

濡れているせいもあると思われるが、ちょっと経験したことのないような急な下り。

足の疲労もあったと思われるが。

逆にココを登っている人もいたが、ココは行きたくないなぁーと思える急坂。

日本三大急登と(多分)言われる中房温泉からの合戦尾根よりも全然急だと思った。

P1250133_P1250134_濡れた木ハシゴを通るのも慎重に。

P1250135_ふぅふぅ言いながら大門沢小屋に11:25到着。

2時間30分のところを2時間かかったので疲労が出てきている。

とにかく右足首が痛く、下りはてきめんにそれが現れる。

しかし泣き言をいっても始まらないので、ここで大休止。

トンカツさんは力うどん1000円を注文、私は行動食。

まだココから3時間半ほどは下り。

P1250137_P1250140_P1250145_P1250148_とにかく疲れた、足が。

もうええやん、ってほどの道程であった。

標準CT11時間を8時間30分程で。

別段時間を急いだわけでもなく、途中の休憩時間は1時間以上はあったと思う。

歩くのに飽きた(笑)

やはり足の調子が良くないからだろう。

右足首はレントゲンを撮っても問題なし、腱鞘炎でしょうと医者に言われて湿布をもらったがそんなものでは治りそうにもないし。

車でアクセルを右足で踏むのも痛いし最近は左足でアクセル踏んでいる。

くるぶし付近に痛みがあるが、また別の病院にでもいかないといけないかな。。。




ということで、

P1250150__2最後は露天風呂で疲れをホグス。

町営の奈良田温泉(500円)は休館で、近くの温泉(1000円)だった。

いや、ホントお疲れ様でした。

ご一緒して頂いたトンカツさん、野田っち、ありがとう。

そして急遽一緒に行けたpapaさん、エンちゃんありがとう。

雨が降っても、ガスってても、仲間との山は楽しいもんです。

感謝。


2週連続休みを取ってのアルプスはなかなか大変でした。

【備忘録】

・新東名高速清水ICで降りた。

・トレックポールはやっぱり必須。

・登山靴のクッションは柔らかいものが足に負担が少ない

・雨の時はハットよりキャップの方が良いかも。

・靴擦れはなかったが、足裏が痛むのでクッション材持参したほうが良い。

・トレランシューズで歩いてみてもよいかも。

・雨用の手袋必須(3000mで雨風強いと軍手では寒い)

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
~雨の3000m稜線を行く~