P1280923_ Panasonic FT1 28mm

今シーズン初の沢登りは7月後半、遅めのスタートとなった。

水曜組のかわちゃん、野田っちと3人で。

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
~沢登りで涼む~

P1280881_

P1280884_

P1280886_ 夜中2時我が家集合してもらい、名神経由して滋賀県朽木の坊村へ。

「沢登りルート100」では2級下、標高差525m、水平距離2.3kmとなっており、

『楽しい沢登りが満喫できる比良の代表的渓谷のひとつ』とある。

楽しみ楽しみ^_^

4時には坊村へ到着し、夜も明けないまま準備して4時30分出発。

月明かりはあるが、ヘッデン必須。

P1280887_

P1280889_ まだ全然暗いんやけどなぁ、と云いつつAM5時14分入渓。

各自、終了後の仕事や家族があるため、今日はサクッと行ってサクッと帰る予定。

P1280897_ そうはいっても比良独特の暗ーい感じの滑り出し。

P1280898_ と思っていたら、8mくらいの滝右岸を巻いた時の写真5時48分。

いきなり懸垂降下を強いられる。

今シーズン初で緊張。。。こんなんルート100にも書いてないやん。。。

先頭はもちろんかわちゃん。

P1280900_

P1280901_ おー、怖ぇー。

30mロープギリギリやったし。

下から見るとそうでもないけど、上から見ると全く足元も見えず不安と恐怖全快!!

入渓30分で早々の核心部やった(大汗)。

ま、一回やると慣れてしまうが。

P1280905_

P1280907_ なかなか楽しい遡行が続く。

P1280914_

P1280918_ やや鬱蒼とした沢は比良ならではな感じ。

ゴーロ帯続く。

P1280930_

P1280935_ デカッ!!岩がはさがっている。

水量もまずまず。

10513467_254720334734682_1146564464

10525639_254720438068005_1791938088photo by 野田っち

私はロープで安全確保してもらう。

P1280963_岩の中をくぐる。

遊園地のアトラクションさながら。

10492582_254720191401363_4675541768身も心も、滝に洗濯してもらう私。

汚れも落ちたかしら(笑)。

P1280967_

P1280969_ ここが最後の15mの滝。

マニュアル通り右岸ガリーから、バンドを登って滝頭に出た。

P1280977_

P1280981_9時30分には約4時間30分で遡行終了。

P1280985_ プシューっと。

P1280986__2

P1280983_レスキューポイントなんてあるんやね。

かわちゃん以外はここで着替え。



P1280989_ 私の下山シューズ、クッション入り。

そんな時、

P1280987_野田っちは蛭(ひる)にやられ、

P1280988_ ヤマヒルファイターで撃退。

ヒル下がりのジョニーという商品もあるので参考までに。

P1280992_

P1280994_

P1280995_ 10時45分には下山完了。

途中からトレランモードになり、急坂を全員走って下りる。

汗だくのため帰りに朽木てんくう温泉でひと風呂浴びる。

まとめの動画

いつも心強く、強力なメンバーに感謝。

10480161_254720631401319_87355553_2 いつもありがとう。

今日もなんとか無事だった(笑)。

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
~沢登りで涼む~