1 Panasonic FT1 28mm

今日の河ちゃんはジャラジャラ身に着けている。

この姿で出動するのは初めてであるが、今回はそれほどの難易度が予想された?

とにかく比良では一番の悪沢らしい。

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
~裏比良一番の悪沢へトライ!~


スノーボード ブログランキングへ

11 いわゆるカムというやつで、岩の割れ目の大きさに合わせてこれ噛ませて支点にして登っていくギアである。

結構な種類があり色分けされ、そして重い。

今回はのだっちと私の練習でご指導もして頂けるようだ。

12

13 ここから入っていく。

実はこの日は夜中2時集合であったが、3人とも寝坊し2時間遅れで朝7時前貫井川進入になってしまった。。。

しかも全員ほぼ同じ時刻に起きるとは・・・笑

2 緑が美しい。

39:30今回は練習するをテーマに珍しくザイルを滝ごとに出して登攀していく。

4 10:40ゴルジュを直登し抜けていく


6

8激シャワー連続。

7

10 ここも結構渋かったような記憶が・・・。


101しかも結構ヌルヌルで滑った。

今回はさすがに全員フェルトソールだった。

12

13

14

141 記念にカムを背負って。

142

144

15 まぁなんせ重たい。

命を守る大切なギアだけど、使いこなすには相当の時間がかかりそうだ。



貫井谷を最後まで詰め山頂を目指す。

17

18 13:15 武奈ヶ岳1214m登頂。

19

20 滋賀県では5番目に高い山であるが、山頂からは琵琶湖がダイレクトに見え山を満喫できる。

天気も最上級!

寝坊2時間したけど、来た甲斐があった。

21 細川尾根を下るつもりが、痛恨のルートミス・・・。

200m下ってまた200m登り直し・・・笑

22 ま、こんな事もあるさと。


23

25 15:30下山

この日の下界は35度くらいだった?

ずっと汗だくで車に戻ってから安曇川でアイシングは超気持ちぃー。

Chizroid_map 武奈ヶ岳から大幅にルートミスしている・・・

これが一番の核心部だったかも・・・

素晴らしい仲間と、登り応えのある沢をクリアできた事に感謝。

良き一日でした^_^

 

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
~裏比良一番の悪沢へトライ!~


スノーボード ブログランキングへ


【以下、河ちゃんの記述】

比良最難はいっとかな!といいつつ、数年ほったらかしにしていた貫井谷をついに。
まずは2時半西宮集合……のはずが、起きたら四時。
やっちまったと思うが、何故か皆から連絡が来ていない。
置いてかれたか!?と焦るが、連絡するとみんな寝ていた。全員寝坊はさすがに初めての経験である。

渋滞前に何とかたどりつき、6:50スタート。
天気は晴れ。水温はぬるい。水量は普通……だが、貫井谷にしては多いかも。キャラバン黒部(フェルト)。三人
まずは左岸より踏み跡を進み、二股で入渓。メジャーな左俣へ。
今日のテーマはザイルを使おう、なので、ギア類もじゃらじゃら持ってきている。
早速最初の滝からザイルを出して取り付く。
難しくないし、カムが決まるクラックもハーケンの決まるリスも豊富。練習にぴったりだ。
その後も滝毎にザイルを出していたら時間が押してきた。トータル6ピッチ分。
そろそろペースを上げるべく、とりあえずカム類を治し、なるべくザイルは出さずに行ってみる。
危なかったら出そうという感じ。

ひたすら登れる滝が続き、最近洗われたのかそこまでぬめりも強くない。
やや渋い個所も出てくるが、楽しいの範疇である。
糞暑い日だが、シャワー多めで快適だ。
二股までは滝が多すぎて遡行図と見比べるのも放棄。
滝は簡単に巻けるものが多いが、巻いてしまったらここに来た意味ないでしょ!と直登を繰り返すと二股。
左に入り、そのあとの分岐は本流っぽいとこを登っていくと、細川尾根に出る。
ピークの北側で、遡行図ではダイレクト南に出るはずだが……ツメでどこか外したかな?
特に問題ではないので、すぐそばのピークまで。13:30だったかな。下部で時間を使いすぎた感は強い。
この日は見事に琵琶湖が見渡せる絶景。風も通り、しばし大休止。
下山は細川尾根を楽勝!と思うが、一度間違えて登山道を分岐まで。200程登り返し、細川尾根に入りなおす。
後は良く踏まれたよく滑る道を貫井バス亭まで。15:20ゴール。
下山であまりに暑かったので、車周辺に荷物を置き、目の前の安曇川へ飛び込む。
き、気持ちよすぎる……頭まで浸かって流されたりしながらクールダウン。

貫井谷は噂通り、滝がひたすら続く良い谷でした。
普段はもっとぬめってるのかもだが、プロテクションは随所に取れるし、どれも登れるのでいつ来ても楽しそう。
カムはマスターカム全種と、23キャメを使用。ナッツも時々決まる。
これで長年やり残した貫井谷が終わった。やっとか。楽しかった。
次は鈴鹿の滝洞も行っとかないとな~~今年中に機会あるかな……

1、激シャワー多数。暑い日はこうじゃないと!
2、ザイル出す滝多数。半分は練習
3、出さないときに限って悪かったり……どこまでもゴルジュが続いて実に楽しい