P1380688_Panasonic FT1 28mm

『関西ルート100』台高のトップページに出てくる沢ルートがココだ。

河ちゃんも、好日山荘なんば店の店長も超おススメしていた。

この日はのだっちとワンデー遡行、涼を求めて。

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
~ワンデーで行けるもんだ~


スノーボード ブログランキングへ

P1380589_

P1380590_

23時我が家集合、大台ケ原駐車場にはコンビニ寄っても2時到着。早すぎるので30分仮眠、用意して3時出発。

P1380591_ヘッドラで闇夜を進み4:41粟谷小屋到着。

日出ヶ岳1694mから

P1380595_5:15堂倉滝。

通常は1泊2日で行く行程。

休みが取れないので早立ちでワンデー遡行できるであろうという読み。

ヤマレコでも2日行程しか記述が無い。

P1380599_

P1380600_

堂倉滝は巻き。

左の写真の辺りを登り迷ったら右。

するとトロッコ?の線路が出るので、残置ロープを見つけると良い。

2016.7現在は問題無かった。

P1380602_5:56 滝の上部に出た。

岩の滑り(ぬめり)は強く慎重な足運びが要求される。

P1380604_7m滝を直登しようとするがホールド悪いので、この先に見える30m滝も含めて左岸を巻く。

のだっち曰く今回の工程でココが一番悪かったとのこと。

P1380615_予報に反して青空が見えた。

山は行ってみないと分からない。

P1380617_本谷だけあり水量は豊富に思えたが通常はもっと多いのだろう。

P1380639_7:42 七ツ釜

P1380643_

P1380640_写真ではその良さを伝え切れない。

しかし特異な形状は歴史の長さ深さを表現するには余りある。

_410沢のロマンを考える人ww

P1380653_

P1380661_8:32

P1380662_8:44 粟谷小屋へ行く手前で休憩。

20分ほどエネルギー補給。

出発から5時間40分、まずまず順調にきている。

P1380667_

とにかく水はキレイ。

P1380668_

P1380630_ まぁいろんなカエルがいるもんですね。

P1380670_おたまじゃくしの大群。

P1380685_あれがこうなるんだな。

害はないけどたまに焦る(笑)

デカいやつも居ますからね。

P1380672_

P1380678_

P1380687_小滝を越えていく。

P1380696_いくつも。

P1380699_下から見るとなかなかスリリングな滝であったが、ホールドはあり。

P1380707_

P1380716_滝の直登は面白い。

P1380721_

P1380723_苔生す緑は台高の象徴。

P1380726_12:30 稜線に出る。

P1380729_13:20 ゴール。

12時間ちょいで戻ってこれた。

本来1泊2日でゆるめに行った方が楽しめたかもしれないが、ワンデーでの達成感もひとしお。

のだっち、いつもありがとう。

遡行完結と無事であったことに感謝。

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
~ワンデーで行けるもんだ~


スノーボード ブログランキングへ