Dsc_0546_Nikon D40 18-55mm

2日目、夜明け前。

御前峰の山頂でご来光を待つ。

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
~翌日はご来光と別山へ~


スノーボード ブログランキングへ

Dsc_0544_標高200mほどUPして20分ほどで山頂へ。

多くの方がヘッデンして登って行く。

Dsc_0548_多くの雲に覆われているが前日からは雨予報だったので好転。

日の出は5:01予定。

Dsc_0560_

Dsc_0561_百人以上?の方がじっと見つめて、辛うじてのご来光。

それでも標高2700mの神秘的な時間の移ろいは心洗われる。

Dsc_0574_

Dsc_0573_日本三大霊山(富士山・立山・白山)の一つであり、毎朝神主さんなる方がご来光に合わせて山頂で解説をしてくれるようだ。

この日も若い神主さんのお話に耳を傾けた。

Dsc_0569__2まぁなんとか見れたご来光に感謝して。

Dsc_0582_朝食は5時半から。

かなりの人であるが、カフェテリア方式のため人の流れは良い。

Dsc_0584_テラスで飲む食後のコーヒーがたまらなく美味しい。

Dsc_0590_チェックアウトして2日目の宿に行く前に近所散策はお池めぐり。

Dsc_0608_いくつか廻ってこの写真が一番マシだった。。。

Dsc_0594_チングルマは花が終わると↓コレになります。

Dsc_0596_これもまたキレイ。

Dsc_0614_

Dsc_0615_

Dsc_0616_

Dsc_0601_お花の競演。



Dsc_0617_


2日目は次のお宿へ向かい、別山へ。

このルートラボはヤフーのGPSルートを落とすサービスでお手軽で良い。

Dsc_0632_石徹白道トンビ岩コースで。

Dsc_0639_本日の山小屋「南竜山荘」には11時頃到着。

Dsc_0640_

Dsc_0646_ずっと行きたかった別山へ。

往復9㎞ほど。

Dsc_0648_ここを下って右手の山(油坂)を越えていく。

地図にもあるここの水場は美味しかったし涸れる心配も無さそう。

奥様は空身。

Dsc_0672_この尾根を進んでいくがなかなか遠い。

そして暑く展望少なし。

Dsc_0680_13:55 登頂、視界無し・・・。

15_22016.2.11 野伏ヶ岳この時後ろに見えた白い大きな山が別山(2399m)。

あの時見たかった山がこれか、と私的には満足。

奥様ありがとう。

CT2時間30分を1時間40分であった。

Dsc_0682_そういえば別山山頂の祠で本物の修験道の方がお祈りをして法螺貝を吹いていた。

足元は足袋であったが、ザックはミレーであった(笑)

そして宿の晩御飯も同じでチューハイ2本飲んでおられた。

これが仕事になるとは羨ましい。

Dsc_0687_

Dsc_0691_来た道を帰りお宿へ。

Dsc_0692_必要にして十分。

Dsc_0694_ご年配の方が多く、我々は最年少??

あ、左の方は修験道の方。

Dsc_0696__2消灯21時、ヘッデンを点けてチビチビと、これもまた至福のひと時。

明日は天気良さそう。

~続く~



※南竜山荘※

・トイレが水洗、ウォシュレット付き!

・食事普通

・生ビール売り切れ!!!

・人が少ない

・布団が広め(室堂比較)

・テン場は広くフラットでかなり良い

・もう一度白山にくるならここに泊まるだろう

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
~翌日はご来光と別山へ~


スノーボード ブログランキングへ