katuo55、山を「登り・走り・滑る」

山や滝を登り、トレイルを走り、雪山(スプリットボード)を滑ります。

住宅

光熱費ゼロ住宅

〜太陽の恵み(ソーラー発電)〜Zjoapvql
今日はとてもイイお天気でしたね[E:sun]こんな日は私はとても機嫌が良いです。
と云うのも、、、我が家の屋根には太陽光発電(ソーラー発電)を載せているからです。
何がイイかというと、太陽の「光」で電気を作り出し、家で使う事が出来るのです。しかも、使い切れなくて余った分は電力会社が買い取ってくれます。
なので、毎月我が家は関西電力さんから3000円程度の振込みがあります。ちゃんと消費税も上乗せしてくれるのです。
今日はたくさん儲かっただろうな〜[E:smile]
Rq7tkf01
既に8年近く経っていますが、一度もソーラーパネルを洗ったことがありませんが、このように実にキレイですね。汚れてもちゃんと雨で洗い流してくれているようです。光熱費も大幅に削減してくれるので、『家計』にとても優しいです。しかもCO2排出量も抑えてくれ、『環境』にも優しいです。子供の世代、孫の世代を考えて環境を考えた取組みは避けて通れません。予算の都合もあるけれど、可能ならソーラー発電です!
ご質問はお気軽にどうぞ^^

ファイナンシャルプランナー

〜FP(ファイナンシャルプランナー)〜
Fomlvqu4
ファイナンシャルプランナーって資格(仕事)ご存知でしょうか?
私もこの国家資格を持っております。いろんな分野はあるのですが、分かり易く云うと「お金」の専門家です。住宅の場合は、ローン(借り方・金利)や生涯賃金・生命保険など様々な切り口でお客様のお金のメリット&デメリットを考えていきます。

その専門家としてサラリーマンから独立して起業されている方をご紹介します。『家作りコンサルティング』の熊谷先生です。詳細はこちら↓
http://plaza.rakuten.co.jp/financialhousing/

熊谷先生が考案した『住宅ローン控除10年と15年どっちがお得?』というソフトを載せておきました。ご興味のある方は私からご説明させて頂きます!
更に詳細のお話をお聞きしたい方は、熊谷先生へご相談下さい。『ハウスメーカー営業マンのフォトブログ』を見たよという方には、相談料もお安くなるかもです^^

家の設計図も大切ですが、家作りには資金と人生の設計図を描くことも更に重要ですね。失敗の無い家作りには専門化が必要です。お気軽にご相談下さい。

結露で窓は・・・

〜冬の結露〜
Oyeg7vxm
実家へ帰りました。実家は築27年のコンクリート住宅です。震災にもしっかり耐えて構造は問題ありませんが、結露はご覧の通りです。Tjqs_v4k
窓の枠まで雫が滴っております。
ここからカビになり、ゴム枠のパッキンは黒くなっています。


<問題は何か?>
1.シングルガラス窓の為、外気が直接内面ガラスに影響を及ぼし結露する。
2.室内の暖房器具から水分を出ている(ガス・灯油ストーブ)
3.料理で煮炊きをしている
4.換気が十分になされていない
・・・・・など


<対策>
1.高断熱性能の窓(高断熱ペアガラス)にする。
2.窓枠を樹脂製にする。
3.家全体の換気を計画的に設計する
4.燃焼系の暖房を使わない
5.コンロはIHにする
・・・・・など

断熱性能の低いペアガラスだと結露する場合が高まるようです。結露すると⇒カビ⇒不健康になります。家を選ぶ際は、窓の性能も見極める必要があります。ペアガラスだからOKというのは、後々後悔しますのでご注意を!
もうじき8年目になる我が家ですが、窓は一度も結露したことがありません。。。 

今日のお客様

〜今日のお客様〜Pvnvbxnk
三連休の最終日です。寒さも和らぎ沢山のお客さんが来場されました。

朝からお約束していたY様ご夫妻が来られました。2世帯住宅をお考えで、初めての家作り。設計図面を描く上で、重要なヒヤリングBOOKを丁寧にご記入して頂きました。隅々まで細かく記入して頂いていたので、設計するこちらも気合が入ります。

そしてとても丁寧に、一生懸命私の話を聴いてくれます。
「なんとかしてこの方の一生の家を作りたい!」そう純粋に思いました。最終の結論はどのメーカーになるか分からない、でもY様にとって最良の判断であれば弊社にならなくても良い、そんな気持ちになりました。

とにかくベストを尽くすのみです。

頭のいい子が育つ家?

〜ココが僕の机〜
_ygwnhoj
我が家のダイニングテーブルです、が食事の時以外は子供の勉強机です。ちゃんと3階には子供部屋と勉強机もあるのですが、殆どココで宿題をしています。

「頭のいい子が育つ家」という本が話題になっていましたが、皆様は読まれましたか?有名私立中学校に合格した子供達がどんな家(部屋)で勉強していたかをまとめた本です。私も興味深く読んでみましたが、その殆どの子供達がダイニングやリビングの周り、つまり親(お母さん)の目の届く所で勉強をしていたようです。(実際は、それだけじゃないと思いますが・・・)

我が家の子供達もダイニングが勉強机です。出窓のカウンターにスタンド照明を取り付け、地球儀を置いてみました。さぁ、賢くなってくれるかなぁ?!

阪神大震災

〜阪神大震災〜Pzmiexnv
1995年1月17日、朝5時46分に起こった阪神大震災から13年と一週間が過ぎました。

13年前のあの時、貴方は何をしていましたか?

私は社会人一年目の23歳、入社して10ヶ月まだ駆け出しの頃でした。今よりもずっと住宅需要は好調で、帰宅はいつも深夜。大阪市天王寺近くの8階建てワンルームマンションの4階に一人住まいで、その日も夜中2時頃に寝たと思います。早朝激しい地震の揺れを感じましたが、眠気が勝っておりそのまま朝まで寝てしまいました。

起きてTVを付けると何やら地震のニュースをやっている。神戸方面で大きな地震が起きたようだ。私の実家、神戸に電話をしてみるが全然繋がらない。この時点ではまさかこんな事になっているとは思いもよらず、社用車で天王寺から国道25号線⇒309号線で当時勤務していた富田林方面の展示場へ向かいました。

いつもなら40分ほどで到着する道程なのに、この日は約2時間かかっての到着。途中公衆電話では実家に連絡が取れ、無事を確認。公衆電話のほうが繋がり易かった事を後から知りました。

昼過ぎ、展示場のTVでニュースを見ていると、死者数百名と出ていました。大変なことになったと、会社では救援物資のカセットコンロやガスをホームセンターまで買いに走りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
数日後、被災され大阪南方面へ避難している方々が展示場に訪れました。
「自分達の家を見に行って欲しい。まだ残している荷物もあり心配で、、、」
お客様と現地を確認するお約束をして神戸に向かいました。電車はありません、車でも行けない、そこで大阪港からフェリーで神戸港へ向かいました。後にも先にも、フェリーで現場調査に向かったのは初めてのことでした。

港を下りてからも交通手段は無く、現地まで数キロを歩いていきました。
私の生まれ故郷である神戸の想像を絶する状況に、地震の恐ろしさを改めて強烈に感じ、震える思いで現地に向かった事を記憶しています。

木造2階建てのお客様の家は、無残にも1階が平行四辺形のような形になっており、棚からは食器が落ちて割れ放題、下手に近づくと家ごと倒れてきそうでした。この状況で、正直お客様はよく助かって本当に良かったと思いました。地震がもっと長く続き、また余震でもあれば大変な事になっていたのではと思いました。

神戸では誰も地震が来るとは思っていませんでした。大きな地震が起こる確率は1%未満だったと聞いたことがあります。静岡・愛知を中心とする東海地震の発生確率は50%、大阪・和歌山を中心とする南海地震は30%程度のようです。阪神大震災の数十倍の確率で起こると云われています。備えあれば憂いありませんが、すぐでもに出来る防災対策をしたいものですね。

そんな事もあり私の「地震に強い家作り」への想いは、人一倍強くなりました。

こんなサイトがありましたので、ご参考までに・・・
あなたの家は大丈夫!? 木造住宅の簡易耐震診断
http://www.njr.or.jp/a05/mokuzou.html


祝!棟上!!

〜[E:sign01]棟上[E:sign01]〜C87ofmpu
VIP見学会でご案内したK様邸が、本日無事棟上しました。夜中に少し雨が降ったものの、
今日は快晴、日頃の行いの良さが出たようです
^^

今日一日は大きな工事でご近所様に多少のご迷惑をお掛けするものの、明日以降は殆ど心配はありません。なんせ今日一日で雨仕舞いまで完了しているからです。

新しく土地を購入して建築する場合は、ご近所様に対する気遣いは必須ですね。なんせ、建築工事中はご近所の方にとってはあまりイイ気はしないものです。騒音、工事車両、埃など・・・。そんな意味で、この『ユニット工法』は日本一短工期でご近所迷惑の最も少ない建築工法です。


現場で作るお家は、雨仕舞いまで数週間かかります。「濡れても乾いたら同じです」とは営業トークですが、折角の大きな買い物なのに乾いたら同じとはいえ、数千万円の買い物品が濡れたら私は嫌でたまりませんが・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我が子を誕生させたような、そんな気持ちになった一日でした。さぁ、あと2ヶ月もかからずお家は完成です。工場で80%、残りの現場工事をしっかりやるべく取り組みます。K様も私も楽しみです〜。

VIP様の工場見学

Muorluis
先日、棟上直前のK様を生産工場へご案内させて頂きました。
弊社の家作りは、工場で約80%『施工』が完了します。


家はその建築現場で作るものという既成概念を、根底から覆した家作りをしています。
ユニット工法(ボックスラーメン工法)と云われる作り方です。


K様ご自身のお家のユニット施工を間近でご覧頂きました。工場で働く職人にも施主様とひとめで分かるように「VIPヘルメット」を被って頂きます。


K様にはご契約を頂く前にも≪工場見学会≫に参加して頂いたのですが、やはりご自身の家が目の前で作られているということでとても感激(多分・・・)して頂きました[E:sign01]
と同時にK様と一緒に作り上げ、練り上げてきた設計図が今漸く工場で作られていると思うと、
私自身も目頭が熱くなってしまい、
まるで自分の家を見ているようで、とてもとても嬉しく思いました。


これから検討する方も、まだまだ先の方も、家作りの過程を見てみませんか? 

『偽』が大きく叫ばれる昨今、『真』は現場にあります。
普段見れない所を見ると、本当に欲しい家作りが見えてくるかもしれません。


後悔の無い、素晴らしい家作りをして下さいね。現在工場見学会を募集中です。
興味のある方は、ご一報下さいませ^^
[E:sign01][E:sign01]
ギャラリー
  • 【day8最終日】立山みくりが池温泉→立山駅 北アルプス縦走180㎞
  • 【day8最終日】立山みくりが池温泉→立山駅 北アルプス縦走180㎞
  • 【day8最終日】立山みくりが池温泉→立山駅 北アルプス縦走180㎞
  • 【day8最終日】立山みくりが池温泉→立山駅 北アルプス縦走180㎞
  • 【day8最終日】立山みくりが池温泉→立山駅 北アルプス縦走180㎞
  • 【day8最終日】立山みくりが池温泉→立山駅 北アルプス縦走180㎞
  • 【day8最終日】立山みくりが池温泉→立山駅 北アルプス縦走180㎞
  • 【day8最終日】立山みくりが池温泉→立山駅 北アルプス縦走180㎞
  • 【day8最終日】立山みくりが池温泉→立山駅 北アルプス縦走180㎞
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
アーカイブ
カテゴリー